その辛さは成長のチャンス

人生を生きる上で、不利な状態に陥ることは何度もあります。そんなとき、「嫌だな」「辛いな」と考えながら嫌々難局に挑んでも、良い結果を出すことはできません。逆境にぶち当たったときには、「自分に何ができるか」をしっかりと考えることが大切です。



天才は不利を嘆かない

「私は、人間には二通りあると思っている。不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ」
羽生善治(プロ棋士)

「人間には二種類ある」で始まる名言は数多くあります。それぞれに考えさせられるものがありますが、有名なプロ棋士の羽生善治氏は、このように考えているそうです。

何事も、確実に達成できる範囲で活動していれば失敗はないかもしれません。しかし、成功したところで「喜び」「手応え」を感じることもないでしょう。難局を乗り切ったとき、人間は必ず成長します。手に負えないことに挑んでこそ、意味があります。

不利な状況が訪れたときには、「これはチャンスだ」と意識を変えて、全神経を集中してその解決に当たりましょう。勝っても負けても、その先には成長したあなたがいるはずです。



柔軟に対応すれば、勝てる

「外国人の選手のように肩が強くないなら、捕球してすぐに投げればいい。足が速くないならば、スタートの一歩をどうするか、考えればいい」松井秀樹選手(元大リーガー)

先ごろ、長嶋茂雄監督と共に国民栄誉賞を授与された松井秀樹選手の言葉です。ヤンキースという世界最強のスターが集うチームの中、彼が身につけてきた哲学なのでしょう。

人間には、それぞれ優劣があります。劣った部分を補うためには、入念な準備を行い、対策を組めばいいだけの話です。取引で力を発揮できるか不安ならば、何度もスピーチやプレゼンの確認を行えばOK。意中の女性とのベッドで力が発揮できるか心配ならば、クリニックにバイアグラの処方を受ければ問題はありません。逆境を嘆かず、「何ができるか」を考え、素早くその行動に移れば、必ず「勝利」を呼び込むことができるものです。

人生には、すべて自分の思うままうまくやれる場面の方が少ないでしょう。しかし、状況を前向きにとらえて、迅速に行動する癖をつけておけば、大体の問題には対処できるはずです。