命がけだからこそ人を動かすことが重要

会社経営者や上司と呼ばれる立場の人に向けた、部下の指導に関する本はたくさん出版されています。著者の持論によって中身は様々ですが、基本的に人間に対する共感がないとうまくいかないということがベースになっているものが多いように感じます。

そんな手引書もない時代に、戦場で部下を率いた人物の言葉には納得させられるしかありません。

ゼロから生み出すのは時間の無駄

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」山本五十六(旧大日本帝国海軍連合艦隊司令長官・元帥海軍大将)

現在のいろいろな会社でも見受けられる光景に、なにも教えないでいてやれやれという上司の姿があります。仕事は教えてもらうものではなくて自分でおぼえるものだとか、門前の小僧習わぬ経をよむだとか、一理あるにはあります。しかし、仕事の効率を考えたとき、そんなことで良いのでしょうか。

山本長官がいったように、まずは見せてやらないことには動き出せないのが事実でしょう。ゼロから生み出すのは科学分野では大事でしょうけれど、普通の仕事では時間の無駄としかいいようがありません。

信頼関係こそが人を動かすうえでは重要

山本長官の言葉の中には、単に時間的なロスということではなく、上下間での人間的信頼関係が重要であるという考え方があるようです。個別の仕事内容の習得もそうですが、習得した仕事であっても最後のところで動くか否かは信頼関係にかかってくるのです。

軍隊であればなおのこと、戦場では指揮官の判断ミスひとつで大勢の将兵が命を落とします。また、指揮官が正しくても部下が動かなければ勝つことは不可能です。

信頼できない上司のために命をかける部下はいない

平時の会社で命のやりとりが行われるわけではありませんが、信頼に値しない上司のために身を投げうってまで努力してくれる部下はいません。利害関係だけで回っているうちは良いですが、そんな組織は危機に直面した時に非常に脆いものです。

失敗しても命までとられるわけではない

仕事を進めるうえで、失敗したとしても命まで寄越せとはいわれないから大丈夫という表現がしばしば使われます。これは、失敗をおそれるあまり萎縮することがないように、伸び伸びとことに当たって成果を出せるようにとの意図で使われる言葉です。

しかし、ときとして良い意味の開き直りではなく、悪い意味の開き直りで悪用されることもあります。そうなると組織は崩れ始めるといっても過言ではないでしょう。

やはり、何事もやる以上は命がけという気持ちを持って当たった方が良さそうです。その方が真剣に取り組めるでしょう。信頼関係の構築も命がけだからこそ手を抜かないといえるのではないでしょうか。