経験人数9000人のカリスマの言う“恋愛は量より質”という言葉の重み

元カリスマAV男優の加藤鷹さん。女性への思いやりにあふれるイケメン発言が、SNSを中心に話題を集めています。現在ではタレントして活躍していますが、9000人の女性を抱いたとも言われている現役時代の姿は、レジェンドとして男女を問わず多くのファンに称えられるほど。そんな加藤鷹さんの名言をご紹介します。

やはりプロ。女性への思いやりとユーモアのレベルが高い!

――「雨だし、あのJK滑って転んだらパンツ見えるんじゃね?」って言ってる青少年たち、自分がパンツを見るためなら女の子が転んで怪我しちゃっても関係無いみたいな考え方は良くないよ。男なら自分から転んで下からパンツを覗くべきだよね。

これは、加藤さんのTwitterでの発言です。さすがはプロの女性扱い、といったところでしょうか。女子高生への配慮を見せながらも、「結局は覗くのか!」というオチがついているあたり、ユーモアのセンスも伺えますね。男女を問わず、誰もがついクスッと笑ってしまうような名言といえるでしょう。

経験人数9000人のカリスマの言う“恋愛は量より質”という言葉の重み

――恋愛は量より質だよね。どれだけ多くの恋愛を経験するかよりもどれだけ素敵な恋愛をできるかが大切。どれだけ時間がかかったとしても最後に誰にも負けない大切な人に出会えたのならそれでいいと思う。

これは、加藤さんのTwitterでの発言です。シンプルで誰もが共感しやすい内容ながら、経験人数9000人の加藤さんが言うと、それだけ深みが感じられますよね。一般人が体の関係の“量”を経験するのには、限界があります。体の関係が必ずしも恋愛であるとは限りませんが、これだけ人並み外れた経験をした加藤さんが“どれだけ素敵な恋愛をできるか”と言うなら、あまり多くの人と関係をもてない一般人でも安心できるのではないでしょうか。

恋する女心をバッチリとらえた、男女ともに支持を集める名言

――恋愛で嘘をつくのは好かれたいからで、意地悪をするのは気を引きたいからで、拗ねるのは構ってほしいからで、ちょっかいをだすのは見てほしいからで、甘えるのは信じているからで、離れようとするのは来てほしいからで、伝えられないのは気づいてほしいからなんだよね。

これは、加藤さんのTwitterでの発言です。思わず共感してしまった女性も多いのではないでしょうか。恋している女性の気持ちを、まるで女性自身であるかのように語ることのできる加藤さんは、これまでの人生で並外れて女性を思いやる努力を重ねてきたのでしょう。女性からの支持を集めながら、男性がマネしたいポイントも示している名言です。

女性からの好感度を高めたい男性のみなさんは、ぜひ加藤鷹さんの名言を参考にしてみてください。自分の都合ばかりで行き当たりばったりなセックスでは、本当に女性を満足させることはできません。自分の弱点は前もって把握して、お互いの満足のために準備をしておきましょう。いつも緊張して勃起しにくいという方には、ED治療薬のバイアグラの服用をおすすめします。あらかじめ医療機関で処方してもらえば、いざという時にパートナーの女性を確実に満足させることができます。

今回は加藤鷹さんの名言をご紹介しました。元カリスマAV男優、加藤鷹さんの名言を参考に、人生がより豊かになるといいですね。